女性の性病チェック

どのような症状ですか?↓お選びください↓
  • 我慢できないかゆみと共に悪臭のある黄色いおりものがでる
  • 陰毛に白いツブのようなものが付着し、皮膚部分がかゆい
  • かゆみの後、赤く腫れて痛み、黄色や緑白色のおりものも出る
  • 陰部に水いぼができ、異物感とかゆみがでる
  • 陰部にイボ状のブツブツができ、かゆい
  • 不正出血と共に痛みがでる

    子宮内膜円炎の可能性があります

    子宮内膜円炎とは

    子宮の内側をおおう内幕が、クラミジアや淋菌、大腸菌、
    ブドウ球菌、連鎖菌などの細菌に感染し、炎症を起こす病気です。

    症状

    急性期にはおりものが増え、
    血液や黄色い膿が混ざってでることもあります。
    不正出血、発熱、下腹部痛、腰痛、排便・排尿痛などもよく見られる症状です。

    治療

    おりものを培養し、原因菌を突き止め、
    抗生物質を投与します。消炎鎮痛剤が併用される場合もあります。
    症状が重くて衰弱も激しい場合は、入院治療も必要になります。

    ページの先頭に戻る

    我慢できないかゆみと共に悪臭のある黄色いおりものがでる

    トリコモナス感染症の可能性があります

    トリコモナス感染症とは?

    トリコモナス感染症は原虫の1種であるトリコモナスによる感染症です。
    感染は性交によることが主ですが、衣服やタオルあるいは便器や浴槽を通じた感染も認められます。

    症状

    女性の場合、症状は非常に多様です。帯下(粘液性の膣からの排出物)の増加が最も多い自覚症状で、その他排尿障害、外陰部のかゆみ、刺激感、悪臭などがあります。また膣炎を起こすこともあり、この場合トリコモナス以外の菌との混合感染が一般的にみられ、同時に感染した菌が悪臭の原因となります。
    子宮膣部は感染により発赤し、“苺状”と呼ばれる所見を呈します。さらに尿道炎が1/4にみられます。バルトリン腺炎がみられることもありますが、これは合併する細菌感染によると考えらます。
    また、女性の場合、特徴的症状のある場合診断は容易ですが、確定診断は膣に貯留する分泌物の顕微鏡検査、あるいは培養検査によるトリコモナスの検出によって行われます。

    予防

    トリコモナス感染症は、性病・性感染症でありピンポン感染を起こすことから、パートナーとともに治療することが必要です。
    女性の場合でも尿路感染の可能性があるため経口投与が必要ですが、自覚症状の改善が早い膣座薬による局所療法が併用されることもあります。
    コンドーム による感染予防が可能ですが、感染者とパートナーの治療を徹底することが結局は予防につながります

    ページの先頭に戻る

    陰毛に白いツブのようなものが付着し、皮膚部分がかゆい

    毛じらみの可能性があります

    毛じらみの症状

    症状は寄生部位のかゆみで、多くは感染後1-2ヶ月でかゆみを自覚するようになります。主に陰毛に寄生しますが、肛門周囲、わき毛、胸毛、大腿部の短毛、さらに、ひげ、まゆ毛、まつげにも寄生することがあります。
    かゆみのため、かきこわして湿疹や二次感染を起こすこともあります。
    感染が長期に及ぶと青灰色斑がまれに認められることがあります。

    診断

    診断は、顕微鏡検査により寄生したケジラミを確認することでなされます。

    治療

    治療はフェノトリンパウダーの散布、またはフェノトリンシャンプーの使用で行われます。これらの薬剤は卵に対する効果が弱いので、卵の孵化期間(1週間前後)を考慮し、3-4日毎に3-4回繰り返し治療を行います。
    相互感染を防ぐため家族単位でいっせいに治療します。
    顕微鏡検査でケジラミおよびその生きている卵が確認されなくなれば治癒と判定されます。

    予防

    ケジラミは他の性病・性感染症とは異なり、コンドームでは予防できません。相互感染を防ぐことが再感染予防に必要で、家族単位の治療などが行われます。
    また、人から離れたケジラミは48時間は生存している可能性があるので、患者の着ていた衣服は熱処理あるいはドライクリーニングを行う必要があります。

    ページの先頭に戻る

    かゆみの後、赤く腫れて痛み、黄色や緑白色のおりものも出る

    淋病(淋菌感染症)の可能性があります

    淋病(淋菌感染症)とは

    淋菌感染症は、淋菌を原因菌とする性病・性感染症です。女性は主に子宮頸管炎を起こします。

    女性の淋菌性子宮頸管炎

    女性の淋菌の感染好発部位の最初は子宮頸管炎です。しかし、淋菌性子宮頸管炎では帯下(おりもの)が主症状であり、典型例では粘液性、膿性の分泌物が外子宮口付近に認められるます。
    しかし、感染女性の多くは感染の自覚がないことがほとんどです。自覚症状が無いために無治療のためにそのまま放置されることが多く、男性の淋菌感染症の感染源になることが多いので注意が必要です。

    女性の淋菌性子宮頸管炎の診断

    培養検査や病原体核酸診断法で淋菌の検出を行う必要があります。また無症候性感染が多く、淋菌により骨盤内炎症を起こすことがあり、淋菌性骨盤内感染症(PID)と呼ばれています。

    女性の淋菌性子宮頸管炎の治療

    薬剤耐性淋菌の増加からそれを考慮した抗菌化学療法(耐性菌のみられないまたは少ない抗生物質の投与)で行われます。主な薬剤投与は、経口薬の服用を併用して注射で行ないます。

    ページの先頭に戻る

    陰部に水いぼができ、異物感とかゆみがでる

    伝染性軟属腫の可能性があります

    伝染性軟属腫

    伝染性軟属腫ウイルスが原因でできる直径1~3mm位まるくて、表面に光沢のあるイボ状のもの。
    イボの中には、白いかす状のものが入っています。
    このかすの中にウイルスがたくさん含まれており、これがつくことでうつっていきます。
    プールなどで直接接触してうつると考えられています。

    症状

    かゆみも痛みもありません。全くの無症状です。

    治療

    ほうっておいても半年~1年くらいで、自然に治癒すると言われていますが、どんどん増えていく場合もあります。根本的な治療法はピンセットで摘んでとってしまうことですが、かなり痛い(局所麻酔のテープを使うと痛みが軽減します)ので、どうするかはケースバイケースで異なります。1~2個で、増える様子がないときはそのまま様子をみるという考え方もありますが、少ないうちにとってしまうという考え方もあります。ピンセットで摘除する方法以外にも硝酸銀を使う方法、スピール膏を使う方法などもあります。

    ページの先頭に戻る

    陰部にイボ状のブツブツができ、かゆい

    尖圭コンジロームの可能性があります

    症状(女性)

    女性の場合、発症部位は大小陰唇、膣前庭、会陰部を中心に、膣、子宮頚部、肛門周囲などです。また女性の場合、外陰に病変がなくても、子宮頚部や膣に病変が存在することがあります。
    潜伏期間は3週間から8ヶ月間で、病変部は鶏冠状、花菜状、丘疹状など、また色も灰白色から褐色と様々です。多くは多発で、不規則に密集します。
    女性の膣内部や子宮頸部に感染していた場合、イボ状のものが見えないので、知らない間に感染しているケースもあり、子宮ガン(子宮頸ガン)に発展することもあります。

    治療

    尖圭コンジロームの治療は物理的療法と薬物的療法にわけられます。
    物理的療法としては、外科的切除、電気焼灼、凍結療法、レーザー蒸散法があり、薬物的療法に用いられる薬剤で保険適用のある有効な薬剤はありません。
    療法それぞれに利点欠点があり、全ての症例に適応できる治療法はないため、病変部位や大きさを考慮して治療法が選択されます。

    予防、予後

    尖圭コンジロームの予防には、性交時にコンドームを使用することが最も効果的な方法です。
    一方、治療後の再発は、外科的切除の場合、10%台認められることから、治療後3-4ヶ月間の経過観察が必要です。
    悪性型のヒト乳頭腫ウイルス16、18型が検出された場合、これらは長い年月を経て性器癌に悪性化することがあるので、長期観察が必要です。

    ページの先頭に戻る

    前のページに戻る

    ページの先頭に戻る